四国霊場八十八ヶ所

     第31番札所「五色山竹林寺」 第38番札所「蹉だ山金剛福寺」

     第39番札所「赤亀山延光寺」 第40番札所「平城山観自在寺」

第38番札所「蹉蛇山金剛福寺」
本尊:三面千手観世音菩薩 宗派:真言宗
四国最南端の地、足摺岬。黒潮が最も近接するその突端には灯台が立ち、青い海と濃い緑に囲まれて 白く輝いています。金剛福寺は、その岬に建立され、この地を観世音の理想の聖地とした弘法大師が、自ら千手観音を刻んで安置しました。厳しい自然の中で人々の信仰を集め、古くから栄えた大きなお寺です。西国浄土、極楽に一番近い最果ての地として現在も多くの四国遍路が訪れています。