四国霊場八十八ヶ所

     第31番札所「五色山竹林寺」 第38番札所「蹉だ山金剛福寺」
     第39番札所「赤亀山延光寺」 第40番札所「平城山観自在寺」
第31番札所「五色山竹林寺」
本尊:文殊菩薩 宗派:真言宗
聖武天皇が行基に唐の五台山によく似た山を探して寺を建てるよう命じ、この地に竹林寺が建立されました。緑の中に、 赤い五重塔がひときわ鮮やか。苔むしたお地蔵様や石段がお寺の歴史を偲ばせます。こけら葺き屋根の本堂と宝物殿に並ぶ17体の仏像は国の重要文化財。四国霊場では唯一文殊菩薩をご本尊とし受験生でも賑わいます。よさこい節で「坊さんかんざし買うを見た」と歌われているのは竹林寺の僧侶、純信。そんな恋のエピソードも秘められています。